パートなのに従業員より多い仕事量と勤務時間。家庭と両立出来なくなりやめました。

主人が仕事を辞めて生活が大変だった頃、まだ子供は3歳と4歳でした。

とにかく生活費を稼がなきゃ、と思い子供を保育園へ預け働く事に。

認可の安い保育園は空きが無く、結局高い無認可の保育園へ。

しかし、まだ仕事が決まっておらず電話帳を片手に、片っ端から電話を掛けて見つけたのがその給油所でした。

アルバイトなので時間は8時間まで、日曜は休み。取りあえず、接客や給油に車の洗車などを担当する事に。

結婚前にもやっていた慣れた仕事だったので、私的には楽な仕事。

従業員の人達とも特に問題なく、和気あいあいとチームで楽しく仕事をしてました。

決められた休み以外にも、休みが結構とれるし子供に合わせる事が出来るので助かってました。

しかし一年が経った頃、給油所の所長が代わりそこから徐々に変化していくんです。

アルバイトからパートになり、もちろん健康保険加入になり安い給料から保険料等が引かれます。

そうすると残った給料のほとんどが保育料で消える状態。

パートになってから仕事の内容も変わり、仕事量は増え、勤務時間も長くなったのに時給は安いまま。

子供を朝保育園へ送り届け、職場へ行き夕方には迎え、帰って炊事洗濯と本当に休む暇がなく疲れていました。

近くに主人の実家があり、本当なら実家に預けて仕事をしたかったのですが訳あってそれも出来ず。

従業員が休みの時は、朝出や夜出に人数の穴埋めでシフトを勝手に入れられたり。

その頃には子供とゆっくり過ごす時間もなく、夕飯を作るのが精一杯の私。

子供が熱を出したので「休みたい」と電話を入れた所「今日は従業員の○○が休みだから困る」と。

仕方なく熱があり寝ている子供を一人残し、職場へ向かいました。

こんな都合よく安い給料で使われて、自分の子供に可哀想な思いをさせている。

もう限界でした。その日に「辞めます」と直接本社へ電話を入れて後日辞表を郵送しました。

最初はとても良い環境の職場だったのに、今ではとても後悔しています。

簡単に選ばず、福利厚生などを見て検討した方がいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です